スペイン風邪 ワクチン


http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52056341.html, 第一次世界大戦は予想よりも早く終わったことで、試験用のワクチンが使用されずに大量に残ってしまいました。, 母国に帰還した兵士らが家族に感染症を移すのではないかとの恐れから米政府は史上最大のワクチン恐怖キャンペーンを展開しました。そして残った大量のワクチンを研究開発の目的で多くの国民に投与しました。, 医師らは、ワクチンの投与を止めさせるのではなくワクチンの投与を推進しました。そして多くの死者が出た原因はスペイン風邪に感染したためと判断しました。そしてワクチンを投与された人たちのみが死亡したのです。. ga('send', 'pageview');

また、このころにはスペインインフルエンザの時代以降の医学の進歩もあり、インフルエンザウイルスに関する知見は急速に進歩し、季節性インフルエンザに対するワクチンは開発され、細菌性肺炎を治療する抗生物質も利用可能でした。

. 実は危険物質だらけの毎日!怖い化学物質過敏症で住む家がなくなってしまうってホント?!!!, スマホで脳腫瘍に?!ブルーライトが知らない間に全身に及ぼすヤバい影響とは?VDT症候群の危険!, トラウマになるほどイヤな経験をしても、「全ての記憶が頭から離れない」という超常記憶総合症の不思議. 1914年に勃発した第一次世界大戦末期、1918年、1919年に流行したスペイン風邪。実は、発症地は、アメリカだということを、 『Vaccination Condemned』(糾弾された予防ワクチン接種) Eleanor McBean(エリノア・マクビーン)著が告発している。彼女の覚醒が、最も優れていると感じられるのは、その後の、有害汚染ワクチン問題の所在と、どう対処したらよいかをまざまざと描き出している点である。すなわち、ワクチンこそが疫病蔓延の原因であったという鋭い観察と自然療法のみが、疫病に対抗しえる真の治療法なのだということを。, 「屈強な男たちが次々と感染して、次の日にはあっさりと死亡した。彼女は『この風邪は普通の風邪とは違う』と疑問を抱き、大人になってから独自の調査を行い、アメリカ政府が当時行なった予防接種にウィルスが仕込まれていたことを突き止めたのだ。」, 「私の家族はワクチン接種をすべて拒絶していたので、流行期間中も無事にすごすことができました。私たちは、グラハム、トレイル、チルデン、その他の人の健康法から、毒性のあるもので身体を汚染すればそれはかならずや病気につながっていくということを知っていたのです。インフルエンザの最盛期には、学校はもちろん、すべての店が扉を閉ざしていましたし、ばかげたことに病院までもが、医師や看護婦もまたワクチン接種をうけていたのでインフルエンザで倒れて、閉鎖されるというありさまでした。そんなわけで、医者もいない中、私たちの両親は、少しでも病人の世話が出来ればと家々をまわっていました。もしも細菌、バクテリア、ヴィールスやバチルスといったものが病気の原因になることができるのなら、私たちの両親は一日に何時間も病人と同室していたのですから、感染する機会はいくらでもあったわけです。しかし、私の家族はインフルエンザに罹ることはありませんでしたし、また、病原菌を持ち込んで私たち子供にうつすということもなく、何も引き起こしはしませんでした。私たちの家族は、深い雪の積もるその冬の間中、誰一人としてインフルエンザはおろか鼻風邪にさえかかる者もありませんでした。1918年のインフルエンザ大流行は世界中で5000万人もの人を殺したと言われています。しかし、実際には、医師たちが、いいかげんで致死的な処置と薬によって殺したのです。」, 1912年に海外から引き上げてきたある兵士は、陸軍病院は小児麻痺患者でいっぱいで、大の大人がなんで子供の病気に罹らなくちゃならないんだと思ったと彼女に話したそうだ。25種類もの疫病ウイルスを投与され、毒ワクチンを接種させられ、前線に送られた兵士たちは、現地の疫病に打ちのめされたのではなく、ワクチンに仕込まれた疫病の種、時限爆弾によって、陸軍病院に入院していたのである。, 鳥のウイルス、豚のウイルス、人間のウイルスは、それぞれに種特有の壁をもっているので、種を乗り越えて、感染を拡大させることはない。鳥インフルエンザ騒動、豚インフルエンザ騒動は、仕組まれたものなので、パンデミックにまでは至らせることはできなかったのだ。だからこそ、人間生物兵器が必要だからワクチンに仕込む必要があるのだという重要な視点を落としてはならない。人口削減計画は、人間をウイルス増幅装置となるように、その免疫防御システムそのものを破壊することを、何段階にもわたって仕込んでいるものなのだ。, もう一人の覚醒の星であるデイビット・アイク氏は、彼女の著作を熟読した上で、全容をこう描きます。, 「1918年3月、デトロイトやサウスカロライナ州付近で最初の感染者が発見されると、三か月後には、ボストンで感染の拡大が始まり、瞬く間に、フランスのブレストや西アフリカのシュラレネオにまで拡散し、世界的なパンデミックになった。このウイルスは、兵士たちにも感染が広がったことで、第一次世界大戦の戦場となっていたヨーロッパ地域にまで拡散され、世界では6億人が発症し、死者は、5000万人にも上った。, 「体力のある働き盛りの男たちが次々と発症し、翌日には死亡していた。その流行病は、黒死病(ペスト)の特徴だけでなく、チフスやジフテリア、肺炎、天然痘、麻痺、および、第一次世界大戦後の人々に接種された、すべてのワクチンの病気の特徴を併せ持っていた。」とエリノア・マクビーンは語る。, 彼女が最初に疑問を持ったのは、スペイン風邪が流行していた当時、予防接種を受けていた人ばかりが感染し、予防接種を受けていなかった人たちは、一人も感染しなかったこと。さらに、医師による治療で治るどころか、よりいっそう悪化した。医師による治療を受けていた人の致死率が33%に達した一方、薬物を使わずに、入浴療法や食事療法などの自然療法を行った人の回復率は、100%に近かったということ。より、感染が拡大したのが兵士たちの間だった。兵士の罹患率は、市民の7倍にも達していた。その原因として、彼らが戦場に向かう前に、ヨーロッパの風土病に対する予防接種ではないかと考え、調査した結果、25種類もの病原菌が予防接種に仕込まれていたことを、彼女は突き止めた。ただの風邪だと言われながら、チフスやジフテリアの症状を発症している人など、いろいろな症状がみられたのはそのためだった。彼女は、戦場から戻った兵士に聞き取り調査をした結果、ヨーロッパの戦場で兵士の多くが、小児麻痺を発症しており、しかも成人して体力のある男ばかりがなぜ、小児麻痺にかかるのか不思議だと彼らは話したそうだ。, 1918年のスペイン風邪は、ワクチン接種によってもたらされたのである。ワクチン接種に関するすべての医療機関および非医療機関は、ワクチンが予防すべき疾患の軽い症例を引き起こすように設計されていることに同意している。しかし、彼らはまた、事件が軽度であるか重度であるかを予測する方法はまったくなく、致命的であることも認めている。人々の生活そのものに対処する際のこのような不確実性により、ワクチン接種などの疑わしい手順を使用することは非常に非科学的で非常に危険だ。, 多くのワクチンはまた、それらが与えられているもの以外の病気を引き起こす。例えば、天然痘ワクチンは、梅毒、麻痺、ハンセン病、癌を引き起こすことがよくある。 ポリオショット、ジフテリア毒素抗毒素、腸チフスワクチン、麻疹、破傷風、および他のすべてのショットは、ワクチン接種後の脳の炎症、麻痺、脊髄髄膜炎、失明、癌(場合によっては2年以内)、結核(発砲後2〜20年)、関節炎、腎臓病、心疾患(発作後数分以内の場合もあれば、数時間後の場合もある心不全)。注射後、神経の損傷や他の多くの深刻な状態も起こる。, 数日または数週間の間隔で数回の注射(異なるワクチン)や混合ワクチンが行われると、体は血流に直接注入される大量の致命的な毒を処理できないため、一度にすべての疾患の強化された症例を引き起こす。医師はそれを新しい病気と呼び、症状を抑制するために、新たな薬剤によるコントロールを始める。, 口から毒が摂取された場合、内部防御システムは嘔吐によってその一部をすぐに排出する可能性があるが、毒が血管注射で体内に直接発射され、すべての自然保護手段を迂回すると、これらの危険なワクチンの中の毒は全身にすぐに循環する。ほんの数秒で、すべての細胞が毒殺されるまで循環を続ける。, 7人の男性が予防接種を受けた後、医者のオフィスに落ちたと聞いた。これは軍の収容所にあったので、検証のために政府に手紙を書いた。彼らは私にアメリカ国防長官、ヘンリー・L・スティムソンの報告書を送ってくれた。報告書は、ワクチンから死亡した7人の報告を検証しただけでなく、戦争のわずか6か月の間に黄熱ワクチンの直接的な結果として63人が死亡し、28,585例の肝炎があったと述べている。これは、兵士に与えられた14から25ショットの1つにすぎない。これらのショットすべてが男性に与えたダメージを想像することができる。, さらに、驚愕すべき悪魔の化身の計画は米国市民を標的として、国内での疫病蔓延を画策。第一次世界大戦の期間は影の帝国の指示に従う製薬会社にとっては短かったため、すべてのワクチンを使い切ることができなかった。彼らは、そのため、米国史上最大のワクチン接種キャンペーンを実施した。それを正当化する疫病の流行はなかったので、彼らは他のトリックを使った。彼らのプロパガンダは、兵士たちがあらゆる種類の疫病を外国から持ち帰ってきており、米国市民は、誰もがその疫病の感染に備えるために、ワクチンを打っておく必要があると主張したのである。, 帰国した兵士は確かに病気だった。彼らはそれが医者が作ったワクチン疾患によるものであることを知らなかった。帰国した兵士の多くは、これらの薬物誘発性の病気によって一生障害者となった。多くはワクチン接種後の脳炎からの狂気であったが。非常に多くの異なるワクチン接種が行われたことがそれまでにはなかったため、多くの毒ワクチンによって引き起こされた複合疾患は医師を困惑させた。新しい病気は、男性兵士に注射したワクチンに仕込まれた病気の症状があった。腸チフス特有の高熱、極度の脱力感、腹部発疹、腸障害があった。ジフテリアワクチンは、肺のうっ血、悪寒、発熱、偽膜で詰まった喉の腫れ、喉の痛み、息苦しさによる窒息性窒息、その後のあえぎと死が原因であり、その後、体は奪われた停滞した血液から黒くなった窒息段階の酸素。当初、彼らはそれを黒死病と呼んだ。他のワクチンは、麻痺、脳の損傷、ロックジョーなど、独自の反応を引き起こす。医師がより強力なワクチンで腸チフスの症状を抑制しようとしたとき、それは彼らがパラチフスと命名した腸チフスのより悪い形を引き起こした。しかし、彼らがそのワクチンを抑制するために、より強力でより危険なワクチンを作り上げたとき、彼らは名前がなかったさらに悪い病気を作り出した。彼らはそれを何と呼ぶべきですか?彼らはそれが本当は何であるかを人々に伝えたくありませんでした—彼らが彼らのワクチンと抑制薬で作った彼ら自身のフランケンシュタインのの怪物です。, 長年、ワクチン研究や製造に携わったアメリカの科学者、モーリス・ハイルマン博士は、生前、あるテレビのインタビュー番組でこう答えている。, 「ワクチンの中には、40種類以上の生きたウイルスが入っている。それは、不妊薬、黄熱病、白血病、エイズなど。その中には、長期間にわたって作用するものがある。」と。「それは何ですか?」との問いに、「癌ですよ」と即答した。」と。, アンドリュー・ウエイクヒィールド博士は、はしか、風疹、おたふく風邪の三種混合ワクチンと自閉症に関連する腸管障害の関連を初めて指摘した人である。このワクチンと称せられる化学物質のカクテルには、毒物、動物細胞やその血、中絶細胞のDNA,ウイルス、バクテリア(生きたものも含む)の形態で異種タンパクなどが入っている。, 免疫システムや脳の形成途上である2歳前の乳幼児に、現代では混合ワクチンも含めて、25種類ものワクチンが投与されている意味がどういうことかについて、考えてもらいたい。これは、肉体コンピューターをあらゆるレベルでダメージを与えるために、冷酷に計算されて行われていることだが、この狂気に気づき始めた多くの人々が、ワクチンを拒否し始めているために、彼らは、いっそう圧力をかけているのだ。そして、法律を作ることで、人々にワクチン接種を義務づけて、王手の駒を進めているのが明確に見て取れるはずだ。, 彼が、1998年、11名の医者と共に、自閉症の子ども12人の腸の症状と自閉症の関連の調査研究をまとめて発表すると、世界の医療界に波乱が巻き起こった。博士は、英国から米国に移住し、現在は、テキサス州にある自閉症センター、ソートフルハウスで研究を続けながら主に米国で活動を続けている。, ワクチンに入っている水銀は、子供の自閉症の進行に大きな影響がある。1989年から1990年後半にかけて、水銀入りのワクチンが増加したことに伴って、自閉症になる子どもの数も増加した。, イルミナティのファビアン協会のメンバーで、優生学者であるバートランド・ラッセル(1970年没)は、水銀などの物質が、どれほど脳を損傷し、明晰に施行する能力を奪うのに有効かを詳述している。, 大規模な削減、人間の間引きの基本は、人間の免疫システムを破壊することにある。そのために、ビックファーマーは、長年かけて、医療への影響力は支配力を増大させてきており、腐敗した政治家や医療専門家などに、賄賂などの資金を提供することで、政治的な方針をコントロールしてきた。, 現在、ビックファーマーは、すべての子どもだけでなく、すべての大人を含めての全ての人に漏れなく独ワクチンを仕込むために、ワクチン接種義務化法案の成立を目指している。これが、人間の免疫システム破壊を目指すイルミナティ爬虫類人とビックファーマーの最終段階なのだ。5Gのロールアウトもそのための仕掛け。テレビのデジタル化もその仕掛け。, 機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。. (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), 当時、開発中の細菌性髄膜炎のワクチンを大量の兵士や国民に投与したところ、副作用として細菌感染症になりワクチンの投与を受けた人たちが感染し亡くなったそうです。, この事実が隠蔽されてきた理由は巨額の利益を生むワクチンの詐欺ビジネスが明らかになることを防ぐためだったのでしょう。, インフルエンザワクチンも、感染を予防するためのものではなく新たな種類のインフルエンザ・ウイルスを生み出すためのワクチンだったりして??, https://vaccineliberationarmy.com/2020/08/30/1918-spanish-flu-was-a-bacterial-infection-caused-by-usa-vaccine-experiment/, 1918年に大流行となったスペイン風邪は(インフルエンザではなく)米国のワクチン実験で生じた細菌感染症でした!, 死因はインフルエンザではなく細菌性髄膜炎ワクチンが原因でした。 スペインかぜ(スペイン風邪、英語: The Spanish Flu (influenza))は、1918年-1920年に世界各国で極めて多くの死者を出したインフルエンザによるパンデミックの俗称である。第一次世界大戦時に中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことに由来する(スペインが最初の発生源という訳ではない)。1918年パンデミックとも呼ばれる。   1918年のスペイン風邪は、ワクチン接種によってもたらされたのである。ワクチン接種に関するすべての医療機関および非医療機関は、ワクチンが予防すべき疾患の軽い症例を引き起こすように設計されていることに同意している。


どんぐり 沼津 閉店, Safari Twitter 見れない Mac, 赤西仁 ファンクラブ 入会, 1リットルの涙 原作 違い, インフルエンザ 性行為でうつりますか, 鬼滅の刃 最終巻 フィギュア, Twitter 問題が発生しました 検索, 赤西仁 住まい, Detail 例文, 桜田通 イギリス, 説明いただきありがとうございました 英語, ツイッター 見れない人, 下野紘 梶裕貴 仲良し, 三浦春馬 うたつなぎ, 栗の花 塩素, 関 ジャニ 安田 脳腫瘍 後遺症, アスカ プラグスーツ Q, 3年a組 再放送 Cs, About Us ページ, 第三使徒 モンスト, 中村倫也 どんな人, コンテンツとは Web, エヴァ最終回 学園, 鬼滅の刃 コスプレ, 進捗報告書 テンプレート, 第一三共 インフルエンザ 予診票, フィードバック 振り返り, 朝ドラ わろてんか 徳永えり, コードブルー 2, マリ 名言, ジョン クラシンスキー ヘイゼル クラシンスキー, 伊之助 かわいい, インフルエンザ 不顕在感染, クヌギ 紅葉, ケンジトシ チケット 大阪, ファイナルカットプロ 保存, クラウド 声優, Dutch 意味, 映画 年齢制限 確認, 宇多田ヒカル 新曲 誰にも言わない, 下野 紘, 海外 水道 民営化 成功例, ≫≫オオサカ堂の闇≪≪
クレジットカードが利用できないので不便...!
そんな人におすすめなのが...!!

医薬品輸入代行 1位 アイドラッグストアー
日本法人だから、どこよりも安心!
★国内スタッフがどこよりも親切に対応!
★国内の公的機関で成分試験 取扱商品の品質は全てチェック!
★創業38年の実績!蓄積したノウハウでお客様の自信と誇りをサポート!
医薬品輸入代行 2位 アイジェネリックストアー
日本をはじめ関係者各国の法律を厳守して、運営!
★海外製・日本製の薬ともに送料無料!
★偽物を販売しないよう成分鑑定を実施!
★口コミ評価が高い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました