オオサカ堂を通じて取り寄せることができる低用量ピルの種類

オオサカ堂

低用量ピルは何種類に分類されているのか

個人輸入代行サービスを行っている「オオサカ堂」からは、たくさんの種類の低用量ピル(経口避妊薬)を彼らを通じて取り寄せることが可能です。 その注文することができるピルの種類は、まず「相性」と呼ばれるもので分けることができます。 今日世界中で販売されている経口避妊薬はおおむね、シートに封入されている錠剤の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量がすべて一緒の「一相性」と、ホルモンの含有量が異なる錠剤が3種類封入されていて、飲む時期に応じて体内に投与するホルモンの量がかわる「三相性(段階型)」の2種類に分かれており、オオサカ堂ではどちらの製品も取り扱っています。 一相性は飲み間違いが起こりにくくて、管理しやすいことが、三相性は飲む順番に注意が必要となるものの、体内で自然に起こるホルモン量の変動に合わせて投与するため身体に無理がかかりにくいことがメリットで、両者に優劣はほとんどないので好きな方を選ぶと良いです。

分類基準は相性だけじゃない

また、低用量ピルは「世代」でも、開発されたのが古い順から第一から第四までの4種類に分けることができます。 違いは黄体ホルモン剤として配合されている物質で、第一世代のピルにはノルエステロン、第二世代にはレボノルゲストレル、第三世代の製品ではデゾゲストレルかゲストデンのどちらかが配合されており、第四世代の経口避妊薬にはドロスピレノンとよばれる物質が用いられています。 卵胞ホルモン剤は全世代でエチニルエストラジオールという物質が使用されていますが、世代によって含有量が異なります。 第一世代の経口避妊薬は後発の製品と比較してエチニルエストラジオールの量は多いですが、第四世代の経口避妊薬はエチニルエストラジオールの量がかなり少なく抑えられており、このことから第四世代の製品は超低用量ピルと呼ばれることがあります。

各世代の欠点の違い

経口避妊薬の特徴が各世代で異なる理由は、各世代で黄体ホルモン剤として含まれている物質が異なるからにほかなりません。 第一世代の製品はノルエステロンの量が多いため、頭痛や吐き気をはじめとした副作用が起こりやすいのが欠点でした。 この欠点はレボノルゲストレルが使用された第二世代の製品でかなり改善されましたが、今度は他の世代と比較して男性化症状(アンドロゲン作用)が起こりやすくなりました。 2つの世代の製品であらわれた欠点をどちらも克服可能になったのは第三世代の製品になってからですが、この世代と第四世代の製品では血栓症などの心血管系副作用の発症例が報告されています。 オオサカ堂では第一から第四まですべての製品を取り扱っているので、特徴を把握した上で自身の避妊の仕方に合うものを選ぶと良いでしょう。 ≫≫オオサカ堂の闇≪≪
クレジットカードが利用できないので不便...!
そんな人におすすめなのが...!!

医薬品輸入代行 1位 アイドラッグストアー
日本法人だから、どこよりも安心!
★国内スタッフがどこよりも親切に対応!
★国内の公的機関で成分試験 取扱商品の品質は全てチェック!
★創業38年の実績!蓄積したノウハウでお客様の自信と誇りをサポート!
医薬品輸入代行 2位 アイジェネリックストアー
日本をはじめ関係者各国の法律を厳守して、運営!
★海外製・日本製の薬ともに送料無料!
★偽物を販売しないよう成分鑑定を実施!
★口コミ評価が高い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました