オオサカ堂でピルが購入できる

オオサカ堂

ピルの費用

ピルというと、女性が服用する避妊薬というイメージがありますが、月経前症候群や子宮内膜症などの女性特有の症状や病気の治療にも使われる医薬品です。 成分には「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類の女性ホルモンが含有されており、ホルモン含有量に応じて低用量、中用量、高用量に分けられ、症状に合わせて使い分けます。 日本では多くのケースで低用量が使用されています。 1シートで1か月分となっており、継続して服用しなければいけません。 そのため毎月の費用負担が気になるところですが、治療目的で服用する場合は保険適用になります。 しかし、保険適用になった一方でピルの薬価代が引きあげられているので、結果として自己負担額は自由診療時と大差ないとも言われているのが現状です。 その理由として、保険適用外の避妊目的で使用するために月経前症候群と偽って処方を求めてくることが危惧されるためと考えられています。 その可能性も否定はできませんが、本当に生理痛などで悩まされている人からしたら、そのような勝手な評価はたまったもんじゃないですね。 そこで多くの女性が個人輸入通販に注目しています。

海外医薬品の個人輸入を代行するオオサカ堂

オオサカ堂は海外医薬品の個人輸入を代行するサイトです。 日本でも海外医薬品は数多く販売されていますが、国内で取り扱えるようになるには厚生労働省の認可が必要です。 そのため病気に効果が証明された海外医薬品であっても、厚労相に認可されていない薬は日本の病院では処方してもらうことはできません。 となると、日本にいては効果的な治療が受けられないというリスクがでてきてしまうのですが、認可外の海外医薬品の国内処方は不可能でも海外から直接購入して服用することは可能としています。 そして、それができるのが個人輸入代行サイトなのです。 ピルは日本でも認可されているので国内処方は可能ですが、継続的に使用するには負担が大きいというのがデメリットです。 対して個人輸入では処方箋が必要なく、診察代や処方箋代分が安く購入できるのが特徴で、経済負担を減らすために認可済の海外医薬品でも個人輸入をする人が少なくはありません。 オオサカ堂では数ある個人輸入代行サイトの中でも1錠当たりの単価が安いとされており、多くの方が利用しています。

あくまでも自己責任

先述したように、海外医薬品の購入自体は認められており、違法性はありませんが、ルールは守る必要があります。 ルールとしては、処方薬の場合は1回の購入につき用法用量からみて1か月分まで、使用者本人の名義で購入すること、譲渡・転売などはしてはいけないとしています。 これらが守られていれば、あとの服用は自己責任になるでしょう。 購入システム自体は通常のインターネット通販と同じです。 目的の商品を買い物かごに入れて購入手続きを済ませます。 すると、海外から購入者の元へ直接荷物が郵送されてくる仕組みです。 利用方法自体は難しくありませんが、ピルは医薬品なので使用には注意しましょう。 ≫≫オオサカ堂の闇≪≪
クレジットカードが利用できないので不便...!
そんな人におすすめなのが...!!

医薬品輸入代行 1位 アイドラッグストアー
日本法人だから、どこよりも安心!
★国内スタッフがどこよりも親切に対応!
★国内の公的機関で成分試験 取扱商品の品質は全てチェック!
★創業38年の実績!蓄積したノウハウでお客様の自信と誇りをサポート!
医薬品輸入代行 2位 アイジェネリックストアー
日本をはじめ関係者各国の法律を厳守して、運営!
★海外製・日本製の薬ともに送料無料!
★偽物を販売しないよう成分鑑定を実施!
★口コミ評価が高い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました