オオサカ堂は香港法人なので違法性が指摘されるピルの個人輸入はオオサカ堂より日本法人が安心

オオサカ堂

医薬品の個人輸入はグレーゾーン

ピルを手に入れるときに、代行サイトを通して個人輸入する女性は増えました。 個人輸入するメリットは価格の安さで、医療機関で処方されるよりも格安です。 また個人輸入は手軽さも魅力で、注文時に処方せんが必要ありません。 わざわざ医療機関を受診して受け取る必要はなく、ネットショッピングと同じ感覚で注文できます。 欲しくなったらスマートフォンで手軽に注文できるのも、安さとともに個人輸入のメリットです。 しかし医薬品の個人輸入は、現在のところ違法ではありませんが極めてグレーゾーンです。 厚生労働省も急増する医薬品の個人輸入に危機感を抱いており、たびたび危険性を指摘しています。

危険な理由

危険性が指摘されている理由は、個人輸入を通して偽物のピルなどが流通してしまうからです。 医薬品は当然ながら、正規品でなければ効果はありません。 偽物のピルを飲んでセックスをしてしまうと、効果がなく望まぬ妊娠をしてしまう恐れもあります。 これだけでも十分なリスクですが、発がん性物質などが含まれている可能性もひてできません。 偽物を服用した結果重大な病気を発症して、命を落とす可能性すらあります。 これらの可能性を考えたら、現時点では違法性がないものの危険性が指摘されるのも納得できるでしょう。 危険性が高いとされているのは、海外の法人が運営する代行サイトです。 海外の法人は日本の法律を守ることに意識が低いですから、違法なことも平気で行います。 そのため海外法人が運営する代行サイトではトラブルが多く、問題も大きくなっています。 そのためもしピルの購入で個人輸入代行サイトを利用するなら、日本法人が安心です。

オオサカ堂は香港の会社

オオサカ堂はその名前から大阪に本社がある会社だと思いがちですが、実際のオオサカ堂は香港法人です。 香港にある法人がオオサカ堂をネット上で運営しているので、日本で違法なことをしている他の代行サイトと変わりありません。 比較的安心して個人輸入ができるサイトとしてオオサカ堂は有名ですが、全幅の信頼を寄せるのは危険と言えるでしょう。 代行サイトの運営者については、ホームページ上で公開されています。 後悔されている情報を見ればすぐに確認できるので、ピルを注文する前に日本法人であることを確認しましょう。 もし運営者についての情報が公開されていない場合は、国内であっても海外であっても危険性は高まります。 違法性も指摘されつつあるので、安全のために自分自身で身を守ることが大切です。 ≫≫オオサカ堂の闇≪≪
クレジットカードが利用できないので不便...!
そんな人におすすめなのが...!!

医薬品輸入代行 1位 アイドラッグストアー
日本法人だから、どこよりも安心!
★国内スタッフがどこよりも親切に対応!
★国内の公的機関で成分試験 取扱商品の品質は全てチェック!
★創業38年の実績!蓄積したノウハウでお客様の自信と誇りをサポート!
医薬品輸入代行 2位 アイジェネリックストアー
日本をはじめ関係者各国の法律を厳守して、運営!
★海外製・日本製の薬ともに送料無料!
★偽物を販売しないよう成分鑑定を実施!
★口コミ評価が高い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました