低用量ピル(経口避妊薬)の購入はオオサカ堂が一番おすすめです

オオサカ堂

日本ではピルを手に入れにくい?

低用量ピル(経口避妊薬)は望まない妊娠を予防する目的で使用され、海外では誰でも簡単に購入することができます。 ところが日本国内では医師の処方箋が無ければ入手することができません。 産婦人科に行って医師に処方箋を出して場合には、薬の購入代金に加えて診察料を負担しなければなりません。 2回目以降は診察なしで処方箋を出してもらえますが、1年に一度は検査を受ける必要があります。 低用量ピルには健康保険が適用されないので薬の購入費用は実費になりますし、医療機関に行ったり診察や検査を受けるための費用も必要です。 薬の服用を続ける場合にはまとめ買いをすることができますが、それでも一定期間が経過したら必ず医師の診察を受けなければ処方してもらうことができません。 診察料は1回あたり約千円で、1ヶ月分を処方してもらう場合の薬の購入費用は約3千円です。 最近は日本で新たに医者になる医学部の卒業生の間で産婦人科を敬遠する傾向があるので、全国的に産婦人科の診療所・病院が不足しています。 そのため産婦人科の外来は混雑していて、予約をしなければ診察を受けることができない場合も少なくありません。 このような事情ゆえ、日本国内では低用量ピルを利用している人の割合は全体の2%程度に過ぎません。 ちなみに欧州では約3割の女性が、米国でも1割以上の女性が使用しています。

個人輸入なら手に入りやすい

日本では一般的に避妊薬を入手するためには医師の処方箋が必要ですが、個人輸入を利用すれば処方箋なしで自由に購入することができます。 自分自身が使用する目的に限り、医師の処方を必要とする医薬品を個人的に輸入することは違法ではありません。 個人輸入をすると送料がかかってしまいますが、効果が全く同じジェネリック医薬品を選択することができるので格安料金でお薬を入手することができます。

ジェネリック薬も手に入るオオサカ堂

海外から医薬品を個人輸入する場合には、オンラインショップを利用すると便利です。 日本には医薬品の輸入を代行する業者がいくつか存在しますが、ピルを購入する場合はオオサカ堂が一番おすすめです。 オオサカ堂であれば送料が一律無料で、同じ商品を購入する場合でも他の業者よりも安いというメリットがあります。 これに加えて商品の種類が豊富で、値段の安いジェネリック医薬品が充実しているので産婦人科で処方してもらうよりも半分以下の費用で購入することができます。 オオサカ堂は特に避妊用の低用量ピルの種類が非常に多いという特徴があり、海外で一般的に使用されている第4世代の商品も入手することが可能です。≫≫オオサカ堂の闇≪≪
クレジットカードが利用できないので不便...!
そんな人におすすめなのが...!!

医薬品輸入代行 1位 アイドラッグストアー
日本法人だから、どこよりも安心!
★国内スタッフがどこよりも親切に対応!
★国内の公的機関で成分試験 取扱商品の品質は全てチェック!
★創業38年の実績!蓄積したノウハウでお客様の自信と誇りをサポート!
医薬品輸入代行 2位 アイジェネリックストアー
日本をはじめ関係者各国の法律を厳守して、運営!
★海外製・日本製の薬ともに送料無料!
★偽物を販売しないよう成分鑑定を実施!
★口コミ評価が高い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました